ご挨拶

子どもたちの未来のために

いま、日本は少子高齢化が進み、4人に1人が65歳以上という超高齢化社会になりつつあります。社会保障経費は膨らみ続け、全額を社会保障費に充てると国民に約束して増額した消費税も公共事業のバラマキにまわっているのが現実です。また、被災地の復興にも巨額な資金が投入されておりますが、いまだ仮設住宅での暮らしを余儀なくされている被災者が多く存在しております。

低迷を続ける経済情勢、刻々と変化する世界情勢など日本を取り巻く環境は待ったなしの状態です。
私たちは未来を担う子どもたちに何を残してあげられるのか、日本はこのままでいいのか、みなさまと一緒に日本の未来を考え、そして変えていくための努力を重ねてまいりますので、ご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。